沖縄県知事選の結果など

恐らくこのブログを読みに来てくださっている方々は、私と同様、この度の沖縄県知事選の結果に落胆していると思う。

私は玉城デニー氏のことは、正直よく知らない。
しかし、同氏は普天間飛行場の辺野古移設には明確に反対のようだ。
そして、辺野古沿岸の埋め立て承認を撤回して、国に対して負ける裁判を今後続けるようだ。

普天間基地を固定化し、今後、縮小・廃止の方向に進めていきたいという考えなのだろうか?
『基地を置くから周辺国との間に緊張が高まる』という主旨の同氏の発言は、国の安全保障を理解していない、いわゆる「お花畑」発言だと思う。

『沖縄から米軍基地を追放し、沖縄を「琉球王国」として独立させて冊封してしまおう』という中国の策略とも一致しているような気がする。

地方自治体が意見を言うことができるにしても、外交、安全保障は国の専権事項である。
同氏は中国には全く言及していないようだが、沖縄県石垣市の尖閣諸島への領海侵入などについて、どのように考えているのだろうか?

・・・などといろいろと疑念を抱いてしまう。

知事として沖縄県の振興に注力してれることを期待する。

ついでと言っては何ですが、今回の選挙でどうこう言うつもりはないんですが、我が国の選挙でおかしいと感じていることを、間違っているところがあるかも知れませんが、思い付きで少し書いてみます。

・比例区で当選した国会議員が、離党したまま議員を続けること。
政党名を書いて投票した有権者がいるのに、勝手に離党するのはおかしいと思う。

・総務省のHPに公職選挙法に違反した場合の罰則等が書かれていますが、当選した議員が選挙違反で逮捕されたという報道を殆ど見ないこと。

・政治資金収支報告書が誰でも簡単に調べられるような形で公表されていないこと。

・寄附や政治資金パーティーなどで得た政治資金が、キャバクラ代、妻の実家を事務所として家賃代など、資産形成とならないものなら、「政治活動のための支出」として殆ど認められること(「政治資金収支報告書」への記載は必要)。

・例えば国会議員には、収支の報告義務のない文書通信交通滞在費(月額100万円)、立法事務費(月額65万円)等が支給されること。

・我が国では外国人の帰化要件が緩い上に、帰化して直ぐに立候補できること。

ブログランキング・にほんブログ村へ


スポンサーリンク