歯科医院にて

久しぶりに、また、しょーもないことを書いてみます。

『あんたのブログは、いつも「しょーもない」内容ばかりじゃないか』と言われても、平気です。

それで、先日、歯科医院に行った(接続詞がおかしい気もします)。

実は私には酷い歯周病があって、1年以上通院して治療した。

歯科医院の院長は、口は悪いが腕は確かで、多分、普通の歯科では歯全体の治療はしてもらえなかったと思うが、『きちんと通院されるなら、治療しましょう』と言ってくれた。

私の歯の状態やレントゲン写真の状態は、常に歯科院長の頭に入っており、『もし、これで駄目だったら、次の手を考えています』とも言ってくれた。

結局、治療の過程で歯を4~5本抜き、長いブリッジをすることとなったが、お蔭で強い痛みや不快感は解消した。

それで先日、治療後の経過観察ということで、数か月おきの確認のために歯科医院に行った。

ぐる~っと1周するレントゲン写真を撮った後、歯科衛生士さんに、『どうしても普通の歯ブラシでは届かなくて、綺麗にならないところがあります』と言われ、器械を使って歯垢を取ったり、歯を磨いてもらった。

そして、『ご自分で確認してください』と手鏡を渡された。

歯医者さんに行くので、入念に髭を剃ったつもりだったが、結構剃り残しがあり、『髭が残っていて、白いのも増えたなあ』と、つい独り言を言った。

歯科衛生士さんに、『そちらではなく、お口を開けて歯の確認をしてください』と、呆れたように言われてしまった。

齢を重ねると、恥ずかしいという気持ちもせず、素直に『ごもっともです』と思った。

ブログランキング・にほんブログ村へ
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA