スーパーのレジの行列

たまに一人でスーパーに買い物に行くことがある。 スーパーでペットボトルを回収してくれるのは、ありがたいです。 しかし、いろいろとイライラすることも多い。 まず、店内放送の音量が大き過ぎるので、イライラする。 当方は買うものを決めているのに、『ゆっくりとお買い物をお楽しみください』などと繰り返して放送されるのが嫌だ。 店のテーマソング?の謳い文句を覚えてしまうのも腹立たしい。 一時期は店への嫌がらせも兼ねて、わざと店内で耳栓を付けたりしていた。 我ながら、自分の性格は悪いと思う。 あと不満を感じるのは、次のようなことです。 ・買い物かごのカートに脛をぶつけて痛い想いをすることが、たまにある。 ・通路でカートを持っておばさん達が立ち話をしていて、通る邪魔になる。 ・幼児が、奇声を上げて走り回って邪魔になる。 ・2人くらいで、例えば刺身を買い物かごに入れたり出したりしているが、カートを後ろに置いていて、当方は商品に近づけない。 まぁ、気に入らなければその店に行かなければいいので、文句を言うつもりはありません。 むしろ、自分にゆとりがない方が問題だと思っています。 それで、レジの話。 あまり客が多い時間帯にはできるだけ行かないのですが、そういう時間帯には店側もレジ係を縮小している。 レジに並ぶ客が多くなれば、『レジ、お願いします』という店内放送が流れてレジ係が増える。 まぁ、そんなところですが、客は普通待っている人が少ないレジの方に並ぶ。 私の判断基準は、並んでいる人の数の他、買っている商品数で判断して、『こっちの列の方が早いだろう』と思って並ぶが、何故か外れることが多い。 レジ係の人がバーコードで入力して支払額が決まる訳ですが、あるお客さんはそれからおもむろに財布を出して、そのスーパーの会員カードを出して、1万円札を出した後、小銭を探している。 こういう人が、前に2人くらいいると、私の後から隣のレジに並んだお客さんの方が早くレジを通過することがある。 計算するのが面倒だとか、千円札に崩したいと思っているのかと思うが、その後、小銭を長い時間を掛けて探すのは止めて欲しいと思ってしまう。 別に、どうして欲しいという訳ではありませんが、残念な気がします。 まぁ、人それぞれに時間軸があり、生活パターンがある訳で、非難するつもりはありません。 ただ、自分の判断が外れることが多いことに、がっかりしているだけです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA